社会福祉法人あすか会

News

地域活動支援

季節を感じる

地域活動支援センターあすかの家です。本年もよろしくお願いいたします。

春夏秋冬、利用者さんに季節や旬を、感じて頂こうと職員一同、日々カレンダーを見つめて行事を確認しております。年末の最終開所日には年越しそばを。年が明けて初開所日には、お節料理と雑煮など、ささやかながら用意させて頂いておりました。

ある日、食通の利用者さんが行事ごとの料理の写真を見せて下さいました。クリスマスチキンにはハーブを添えて、年越しそばにはニシンを。お節料理は色艶鮮やかな栗きんとんや黒豆、伊達巻がお重にきれいに詰まったもの。そして、なんと七草がゆもありました。この写真を見て「七草がゆまでされるとは…。地活、負けました!」と反省した次第です。どのお料理も少し着飾ったようにオシャレに盛られ、見た目にも食欲がそそられるものでした。

新年に気が引き締まる思い。季節や旬を感じて頂くこと、そして見た目ももう少し凝ってみようか。せっかくなので利用者さんに教わったことを生かしたい!そんな思いで今日もキッチンに立ち、調理に励む職員でした。


share

こちらの記事もどうぞ